ベタ基礎

田中建築工業では、多くの場合、
基礎工事にベタ基礎を取り入れています。

木造で家を建てる際の基礎工事のひとつの工法で、
鉄筋コンクリート造の堅固な基礎です。

beta01
建物下の地盤全体に鉄筋を配筋し、そこにコンクリートを流し込んで作ります。

地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができます。

また、軟弱地盤でもこの工法を施せば、安全に家を建てることができるのです。

健康素材で、

強い耐震・耐風・耐久性

を目指している田中建築工業にはもってこいの基礎と言えるのです。

 

00416

 

 

00120

00219

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【通気性抜群の基礎パッキング工法】

基礎と土台の間に基礎パッキングをはさみ込んでいるので、全体的な隙間が生まれ、床下換気口に比べて高い通気性を確保できます。

それは公庫の基準よりも1.5倍~2倍の換気率が期待できます。

また土台が直接基礎に触れない為、乾燥しやすく土台を長持ちさせる効果があります。

00516