内装/間取り

内装・間取りを考えるといっても、
一体何に気をつければ良いのか、どんな間取りが自分に最適なのか
いまいちわからないですよね。

田中建築工業ではご家族皆さまのライフスタイルや好みを隅々まで分析し、下記のような方法で最適な内装・間取りをご提案致します。

 

<ブルーベースとイエローベース>・・・・・・・・・・・・・・

色と人間の関係は、とても面白いものです。
naiso01色の考え方の中には、ブルーベースイエローベースというものがあります。私たち人間は、この2つのベースカラーに分けることができるのです。

そして田中建築工業では、このベースカラーを意識した家づくりをしています。

 

<その見分け方は?>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベースカラーを見分ける方法は幾つかありますが、その一つに、アザの色があります。
例えば手に打ち身ができて、その後にアザができたとします。
ブルーベースの人は青味がかって治っていき、イエローベースの人は黄色味がかって治っていきます。

また、もう一つの方法として、手をギュッと強く握って、パッと開いたときの掌の色があります。
ブルーベースの人は青っぽい色が出て、イエローベースの人は黄色っぽい色が出ますので、それで判断することもできます。

naiso02

 

<形やテクスチャの違い>・・・・・・・・・・・・・・・・・・

面白いことに、イエローベースの人とブルーベースの人は、好みが全く異なります。

ブルーベースの人は、フォーマルなもの、シンメトリー(左右対称)なもの、硬いもの、ツルツルしたもの、鋭角なものを好みます。
一方、イエローべースの人は、カジュアルなもの、アシンメトリー(非対称)なもの、ゴツゴツしたもの、丸みのあるものを好みます。

naiso03

人はベースカラーに合った色をまとうと美しく見え、ご本人の気持ちもしっくりして晴れやかな気分になるのです。

 

<家づくりとカラー>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上の話を、家づくりに当てはめてみましょう。

洋服であれば、「似合わない、しっくりこない」と思ったら、交換することができます。でも家だったら・・・
何千万円もかけて建て替えることは難しいでしょう。

ですから当社では、オーナー様がブルーベースなのか、イエローベースなのか、という点を考慮した上で、プランをご提案しています。オーナー様のベースカラーは、家のデザインや取り入れるテクスチャ等に深く関係するからです。

その点を考慮しないと、「間取りも導線もいいのだけれど、好きじゃない、しっくりこない、落ち着かない・・・」と感じさせる家になってしまいます。

 

<家族のベースカラーが異なるときは>・・・・・・・・・・・・

家族のベースカラーが異なる場合も多々あります。
例えば、ご主人はブルーベース、奥さまはイエローベースという場合を想定してみましょう。

そのような場合も、特に問題はありません。
なぜなら多くの場合、ご 主人と奥さまとでは、家の中で専有する場所が違うからです。

その点を考慮した上で、それぞれの空間をベースカラーに合わせてデザインし、全体の中で融合させればいいのです。

naiso05

 

<光をデザインする>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内装をデザインする上で、もう一つ大切な要素として「光/灯り」があります。
光の色や配置一つで、人を癒すことも、苛立たせることもできるのです。

勉強などで集中する部屋、ゆったりとリラックスする部屋など、室内の用途に合わせて光を使い分けることが大切です。

 

<無意識をくみ取る>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちは打ち合わせの中で、オーナー様の理想の家についてお聞きしていますが、そこで得られる情報というのは、ほんの一部分に過ぎないと思っています。
オーナー様のご希望をプランに活かすのは当然ですが、それだけでは不十分です。
私たちの本当の役割とは、オーナー様が言葉にしていない部分をくみ取り、それを家の隅々にまで活かすことです。
それができなければ、理想の家を建てることなどできないでしょう。

言葉にならない部分をくみ取るということは、オーナー様の無意識レベルの望みまで形にするということです。
その時、ベースカラーや光について知っている業者と知らない業者とでは、大きな違いが出てくるのではないでしょうか。