地盤調査

jiban01


【家づくりは地盤調査から】

 

永く安心して住む家を建てるために、見えないところの調査が大切です。

なぜなら軟弱な地盤や締まり具合に偏りのある地盤に建物をそのまま建ててしまうと、不同沈下を引き起こし、住宅が損傷してしまうおそれがあるからです。

※不同沈下=地盤が不均等に沈下して四方の沈下量に差が生じること。

田中建築工業では、地盤の特性を詳しく把握し、
安心・安全な家をお客様に提供するために、
徹底した地盤調査を行っています。

00119-300x174

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【スウェーデン式サウンディング試験】

田中建築工業では、ピンポイントで土地の実態を掴むことができるスウェーデン式サウンディング試験を採用しています。

鉄の棒を地中に挿入し、貫入スピードや回転数などの結果を元に解析を行います。小規模建築物を対象にした地盤調査ではもっとも多く採用される一般的な調査方法で、約10mの深さまで地盤を調べることができます。

00515

 

第三者機関のJHSの専門スタッフによって調査データが徹底解析されます。

田中建築工業では第三者機関であるJHS・JIOに協力頂き、公正・公平な立場でお客様に安心と納得いただける解析の詳細を報告していただいております。
永く安心して住んで頂くために、それぞれのお客様の土地に適した基礎プランをご提案します。

00415

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【地盤改良工事が必要なときには。】

将来にわたって些細な危機をも回避するために、土地状況に応じた適正な地盤改良工事をご提案します。

case01

表層改良工事
軟弱地盤にセメント系固化剤を散布し土と混合して地盤指示力を向上させます。
00615  case02

鋼管杭工法
杭の先端を固い地盤に設置し、杭で建物を支えます。

00712

case03

柱状改良工法
ミルク状にしたセメント系固化剤を注入しながら回転式撹拌し、
パイル(杭)状の強固な固結体を形成する工法です。

0087