土間を楽しもう、有効に使おう!

最近、家を新築するときに土間を作る人が増えています。
住宅雑誌でも土間のある家が多く目につきますし、ウェブで検索しても多くの事例がヒットしますね。でも実際、土間って何に皆さんつかっているのでしょうか? 玄関が大きくなっただけ? いえいえ、土間には様々な可能性があるのです。今回は土間のいろいろな使い方をみていきましょう。

バイク好きのあなたに!メンテナンスも広々出来る土間空間

裾野市金沢 H様邸

大きな開口部をもつ広々土間空間は、車とバイクを入れてもまだ余裕のある、広々土間空間です。大事な車やバイクが雨に濡れる心配もありませんし、休日などには、工具を広げても、広々とした空間でゆったりとメンテナンスが出来るでしょう。作り付けの収納がまた、収納力たっぷりですので、どんどん道具が増えていきそうですね。

ロフトでも楽しめる、土間空間

富士市江尾 N様邸

こちらも広々土間空間。開口部も大きく、窓も随所につけられていますので、明るい空間に仕上がっています。作り付けの収納もあり、カウンターもあるので、いろいろな作業に使えそうですね。また、高い天井を利用して、ロフトも作っています。色々な物の収納にも使えますが、こちらのお宅はお子さんが2人いらっしゃるので、子供たちの遊び場としても最適ですね!

玄関開けたら、土間の向こうに開放的なLDK!

富士市中之郷 M様邸

玄関を開けたら、すぐに目に飛び込んでくるのが広々土間空間なわけですが、その延長にすぐLDKがあります。これは、大胆なデザインですね。カフェのように、みんなを迎えてくれるような雰囲気を感じます。これだけ玄関部分の土間が広かったら、一度に大人数のお客様が来ても、玄関でもたもたすることもありません。土間にもテーブルを置けば、LDKと繋がった雰囲気でパーティーが出来そうです。キッチンと繋がっているので買い物帰りにも便利ですよね。

土間にタイルを張ったら一気に上質空間に!


こちらも広々土間空間ですが、タイルを張るだけでここまで雰囲気が変わるんですね。土間からすぐにLDKと繋がっているので、居住性もアップ。また、全開口で外部とも繋がり、開放感も抜群です。土間空間には、カウンターも設置されているので、大勢のお客様が見えた時にはこちらも、十分おもてなしのスペースとして活用出来そうです。また、タイル張りだと、お掃除のしやすさもメリットのひとつですね!

ギャラリーのように、美しい土間空間

伊豆の国市 W様邸

なんだか、普通のお宅のガレージというより、アウトドアショップのインテリアといっても通じてしまうカッコよさですね。つくりがシンプルなので、より、お施主様の趣味の良さを感じるカッコいい空間になっています。
車だけでなく、サーフボードに、自転車、と、趣味が多い方には、土間空間はもってこいですね。シンプルな空間ですがグリーンを飾ることで、潤いを感じる雰囲気になっています。

広々土間空間、いかがでしたでしょうか。王道のガレージとしての使い方もありましたが、空間が広いことで、ただ車を置くだけのスペースというより、生活をより楽しむためのスペースという印象を、より強く感じていただけたのではないでしょうか。
また、玄関先に大きな土間空間という例もありました。こちらの例では、お客様、家族を迎え入れる気持ちを存分に感じていただけたのではないでしょうか。誰でもウェルカムな、オープンマインドのデザインでしたね。扉を開けてすぐに大空間を目にすることが出来るというのはとても印象的だと思います。
皆様の家づくりでも土間空間、考えてみませんか?

やっぱり、家族を身近に感じるキッチンがいい!

キッチンは、家族の毎日の食事を作る大事な場所。
家族の健康な暮らしを支える、生活の基盤になる場所ともいえます。調理、片付けのしやすさ、などの機能にもこだわりたいですが、家族の顔を眺めながら作業したい! と思う方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。今回はカウンター越しに家族の表情を眺められるような、そんなキッチンを集めてみました。

ブルーのポイント!爽やかなキッチン

清水町徳倉 I様邸

キッチンに青って珍しいような気がしますが、とても爽やかに仕上がっています。火を使うと、どうしても空気は熱くなってしまいますが、この配色なら気分だけでも涼しくいられそうです。子供が小さいうちは特に目が離せませんが、カウンターキッチンなら、まず赤ちゃんのご飯を作って、お父さんが子供にご飯を食べさせている様子を見ながらも、大人の分の料理を作るということができて、安心ですね。

まるで、ナチュラル系カフェのようなお洒落なキッチン

沼津市高尾台 M様邸

自然な木目が、ナチュラルテイスト抜群のキッチンダイニングスペース。そこここに、グリーンが配置されているのも、リラックスできる要素のひとつですよね。シンプルな空間に、カラフルなダイニングチェアーがアクセントとして効いています。油はね対策としてのコンロ前のガラスも視界を遮ることなく、開放感ばっちりです。
家族の顔がしっかり見えて、会話も楽しめるこんなキッチン、理想です。

吹き抜けを持つダイニングを眺めて気持ち良く作業しよう

富士市中之郷 M様邸

白い壁と、ヘリンボーン張りになったフローリングがお洒落なこちらのダイニングキッチンスペース。
大きな開口部を通して外が近く感じられて、開放感溢れる空間になっています。吹き抜けになっている部分と天井がある部分がうまく分けられているので、領域の違いを感じられるつくりになっています。吹き抜けの部分は広々とリラックス、天井のある部分は作業スペースとして機能をまとめることで、効率よく集中して作業できますね。

シックなバーのようなカウンターキッチン

裾野市金沢 H様邸

リビングでは吹き抜けで開放感を味わい、ダイニングキッチンは天井があり、色合いからも落ち着いた雰囲気に仕上がっています。燭台風の照明も雰囲気にピッタリです。このシックな色味を使ったのキッチンは、素敵な男性が似合いそうな、そんな雰囲気がしませんか? なんて言って、世の男性たちにキッチンに入ってもらいましょう! かっこよく、カクテルなんかを作っても絵になりそうです。

大きな吹き抜けを持つ、眺めの良いキッチン

御殿場市神山 S様邸

キッチン前面に張られた木材がデザインされていて目を引きますね! フローリングや、吹き抜けを渡る梁材との素材の統一感もばっちりです。カウンターキッチンながらも、まるでアイランドキッチンのような開放感が素敵です。これだけ開放感があると、大きな換気フードが目立ってしまうこともありますが、デザインされていてカッコいいと、視界の邪魔になりませんね。また、ダイニングスペースの向こうには大きな窓が配置されていて、作業しながらも庭を眺めることができ、楽しく調理、片付けが出来そうです。

カウンタータイプのキッチンとダイニングの関係、いかがでしたでしょうか。朝、忙しいながらも家族の表情を見ながら、「今日の調子はどうかな?」なんて確認しながら朝食のメニューに一品加えたり、ということも出来そうですね。また、カウンター越しに配膳や片付けもやりとりできるので、忙しい現代人にとっては、時間の短縮にもなって、助かります。どのカウンターキッチンもダイニングテーブルとの高さが計算されていて、家族の顔は見えつつも、手元の見せたくないものは隠すということができる、そんな配置になっているのもポイントです。

NO20170422001

収納だってこだわりたい!造り付け収納の魅力!

季節の変わり目や、毎日のお掃除の時も、もちろん、いつも考えるのは収納のこと。
賃貸住宅では、収納は今あるものでなんとかやりくりするしかありません。そのうえ、うっかりしていると、物はどんどん増えていき、でも、しまい込んでしまうといざ必要な時に、探すのに一苦労……。
そんなことのないように、せっかくの家づくり、収納もしっかり考えてすっきり暮らせる家づくり、考えてみませんか?

憧れのウォークインクローゼットで優雅に収納


新築を建てるなら、やっぱり憧れるウォークインクローゼット。しかも、こんなにお洒落な壁紙まで張ってあったら、いくら収納スペースといっても、思わず人に自慢したくなっちゃいそうです!この、収納スペースまでお洒落にすることによって、このお洒落感をキープしなければ!と思わせることに一役買っているのではないでしょうか?ここに掛ける衣類、靴、帽子なんかも、自然と選ばれた者たちが残っていくような気がしますね。

キッチンの背面にたっぷりの収納で、段取り上手に!


カウンター式のキッチンの背面には壁一面のたっぷり収納が備え付けられています。これはかなりの大容量ですね。吊戸棚のないカウンターキッチンは、開放的で見た目もすっきりして気持ちいいですが、収納の面では少し不安もあります。
そんなあなたに、この大容量収納! これだけあれば、食品ストックから、食器、調理家電一式まで、全部収納可能です! しかも扉付き! 見た目もすっきり、中身もすっきり、段取り上手の料理上手になれそうです!

家族全員分の収納力で家中スッキリ!


これだけの収納力があれば、家族3,4人分の荷物はどんとこい! という感じですね。
また、棚板も可動式になっているので、物の大きさに合わせて自由に棚を動かせるのも便利です。子供は低い棚を、大人は高い棚を使う、というような仕舞い方をすれば、子供たちも自分で片付けが出来るように促すことができますし、大人は、子供に触ってほしくないものを高いところに仕舞っておけば安心ですね。
でも、これだけすっきりとかっこよく棚が配置されていたら、物を減らして、見せる収納として使ってみたいくらいのスペースですね。

玄関と一体のウォークインクローゼットでエントランスをスッキリ!


玄関にももちろん、シューズクローゼットがありますが、玄関と一体となったこのウォークインクローゼット。
普段使わない靴や、季節外れのもの。また、土や泥が着いたものも、このスペースならお客さんにも見られず、一時的に隠しておくということも出来ますね。裏口も設置されているので、自転車や、ベビーカーなどを閉まっておくにも便利そうです。家の中に置いておきたくないけど、外に置くのも心配というものって、意外に多いんですよね。アウトドア用品や、スポーツで使うものなど、多趣味の人にもとても使い勝手がいいスペースといえます。

収納と書斎をひとまとめにして、スペースの有効活用


収納だってたっぷり欲しいけど、やっぱりスペースには限りがあるもの。何かをつくれば、何かを我慢しなければ。。。という状況も生まれてきます。そんな時には、思い切って兼用してしまいましょう!
書斎なんて、一番後回しにされそうな、でも、お父さんの一番の夢のスペースだったりする、大事なスペースなんです。それも叶えてあげましょうよということで、カッコいい、書斎兼収納スペースできました! 物に囲まれていると、だだっ広い空間より、意外に落ち着いたりする効果もあると思いますよ!

様々な収納スペース見ていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
収納スペースとして隠しておくには、もったいないくらいのデザインされた空間づくりも魅力でしたね。収納スペースを考えるということは、今の生活を、今後のしたい暮らし方を考える、いいきっかけにもなると思います。限られたスペースで、収納に使うスペースをどう作っていくか、それは、今後どう暮らしていくか? ということにもつながっていくことになると思いますので、家づくりと同様、しっかりと考えてみましょう!

リビングから飛び出して、庭でも暮らしを楽しもう!ーアウトドアリビングー

新しい家を作るなら、広いリビングを作って、家族みんなが集まれる空間にしたい! と思う方はたくさんいらっしゃると思います。
でもせっかくの家づくり、もう少し欲張ってみませんか? リビングプラスアルファの空間。今回は、外部空間だけど、リビング同様に、家族が集える場所を作った事例をご紹介します。家での過ごし方にもっと色々なアイデアが湧いてきそうです!

リビングと繋がった中庭型テラスは、セカンドリビング!

三島市幸原町

リビングだけでも、十分な広さを持つこのお宅ですが、リビングに面して、中庭型のテラスを設置しています。この事例のように、テラスにセンターラグを敷き、テーブルとソファをセットすれば、そこは立派なくつろぎスペース、セカンドリビングの出来上がりです。こんな広い空間が広がっていたら、いづでも友人を招いてパーティーをしたくなってしまいますね。どこにいても、見通しがいいので、子供から大人まで安心して過ごせそうです。

天気のいい日には、家族で日向ぼっこを楽しもう!

三島市徳倉 N様邸

お子さんが3人いらっしゃるこちらのお宅は家中が子供達の遊び場になっていて、楽しい空間が広がっているのですが、リビングに面したこちらのテラスも例外ではありません。段々と太陽が恋しくなってくる季節には、このポカポカと日差しの当たるテラスはとても心地いいでしょうね。赤ちゃんのハイハイをみんなで見守りながら、家族の思い出がまたひとつ増える、そんなスペースになっています。

リビング+テラス+庭=どこまでも広がる空間!

富士市広見 Y様

海を感じる! がテーマのこちらの事例。
吹き抜けを持つ、開放感たっぷりのリビングダイニングキッチンがとても心地よさそうです。また、リビングには大きな掃き出し窓があり、テラスの向こうには庭が広がっています。LDKだけでもくつろぎスペースとしては十分な広さがありますが、この大きな窓とテラスが広がっていたら、思わず外に出たくなりますよね。そして、南国感たっぷりの木々を眺めながら海を存分に感じてほしいと思います!

山の稜線を眺めながら、とっておきのくつろぎタイムを過ごそう!

函南町丹那 A様邸

家の中からこんな景色が臨めるなんて! 贅沢ですよね。この立地に家を建てるなら、やっぱり眺めは重要なポイントです。そして、このパノラマの風景を眺めながらも、屋根が全面にかかっているので、このスペースは、全天候型です! この安心感も、大事ですね! 夏の暑い日から、雨が降る日だって、この屋根があれば、家に居ながらにして、アウトドアリビングタイムを快適に過ごせます。
お友達を呼んでイベントを計画する際も、少々のお天気の崩れなんか気になりませんので安心です! 普段の生活においても、洗濯物がたくさん干せそうで、主婦の皆さんには、いいことだらけじゃないでしょうか!

お洒落なカフェタイムを我が家のテラスで!

沼津市

明るくて気持ちよさそうですね! 写真を眺めているだけでも、思わず目を細めてしまいそうです。
こちらの事例は2階にLDKが設置されていて、窓も大きくとられているので、とても明るい空間になっています。部屋の内部も十分明るいですが、この白くてキラキラしたテラスに、このお洒落な白とガラスのテーブル、チェアがおかれていたら、外に出たくならない人はいないでしょう!
朝だろうが、昼だろうが、夜だろうが、時間が許すならいつでも、いそいそとカフェやランチ、ドリンクを準備して、このテラスへ出て行ってしまいそうですね!

外部空間の楽しい事例、いかがでしたでしょうか?
家族の集う、くつろぎスペースはリビングだけではない、外部空間だって立派なくつろぎスペースになるってことを、分かっていただけたのではないでしょうか? せっかくの土地付き一戸建ての家づくりです。庭やテラスなどの外部空間も一緒に考えてみたら、家族のライフスタイルも、楽しみ方の可能性が、もっと広がるはずです!

【要予約】まずは土地から*・。ピッタリの土地探しセミナー

田中建築工業でも土地からお探しのお客様はたくさんいらっしゃいます。
お家づくりも、土地探しも、田中建築工業が全力サポート!!!

・探してはいるけど、なかなか良い土地が見つからない。
・建築条件付きの土地って?
・不動産用語って難しいな・・・など分からないこともたくさんだと思います。

失敗しない土地探し、土地と建物のコストバランス、お家づくりの進め方などをお伝えします!!

 

例えば・・・御殿場市内の土地紹介。約80坪の広さの整形地などなど!

最新土地情報も土地アドバイザーの伊藤がご紹介いたします!

また、気になる土地資料をお持ちいただければ、
ご相談も承ります!
お気軽にお問合せください♪