こんな和室なら作りたい!お洒落だね!と言われる和室のポイントは?

最近は、家の新築時に和室を作らない人も増えているそうですが、皆さんはどうでしょうか。
やっぱりゴロンと畳に寝ころぶのは気持がいいですし、お正月や季節の行事などの際には和室で過ごすのが、より気分も盛り上がりますよね。ただ、いつも使わない部屋があるというのも、勿体ないもの。そこで、和室なんだけどお洒落、これなら日常的にもくつろぎスペースとして使いたい!と思う事例を集めてみました。

間接照明の配置が絶妙!お籠り感のある和室

長泉町南一色 T様

リビングから、少し上がったところに配置された和室空間。それだけでも特別感がありますね。カーブを描いた入口のデザインも、いかにもな和室ではなくていい感じです。敢えて、照明は大きなものを使わずに間接照明だけに絞ったことで、大人の雰囲気がたっぷり出ています。間接照明のために開けられた壁の孔のデザインも絶妙です。この写真だけを見ていると、お洒落な和モダンな旅館か、料亭に来たような気分になりますね。

丸い形状がポイント!和の空間を斬新にデザインする!

沼津市

和室なんですが、なんだかとってもモダンな印象ですよね。確かに昔の和室でも、障子の一部が円形になっていたりするものもありますが、現代の一般的な住宅の和室と言えは、直線で構成されることが多いのではないでしょうか。こちらのお宅は部屋全体に曲線がちりばめられていて、かなりモダンな印象を感じます。障子のデザインも特徴的ですし、建具の一部も半円形にガラスが仕込まれています。そして何よりインパクトがあるのは天井のデザインではないでしょうか?有機的なイメージも感じますし、これは部屋に入られた皆さんにも強い印象を残すこと間違いないですね!

こんな部屋で、日本酒を飲みたい!くつろげる和室。

沼津市港湾 S様

色味の濃い柱、建具や畳の縁、天井が、落ち着きを感じさせる、シックな和室です。低いテーブルと丸い座布団で、モダンな雰囲気と民芸調のミックスのようなイメージですね。壁に施された、飾りニッチもデザインがモダンです。こんなところで美味しい日本酒とおつまみをつまんで過ごす一時は、「あー、日本人で良かったー!」と思うこと間違いなしです!少し酔っ払ったらそのままゴロンと出来るのも畳の醍醐味ですよね。

丸と直線のバランスが丁度いいバランス!色味も計算された落ち着いた和空間

沼津市

間仕切り側は丸いデザインに切り抜かれた障子、もう一方は直線で少し大きめの格子の障子。大人しくなってしまいがちな和室に、リズム感が生まれています。天井から吊るされた円形の障子紙を使った照明器具は、モダンだけど、和室にピッタリマッチしていますし、吊るすことによって動きを感じる仕上がりですね。天井や、使われている木材の色味が濃いので落ち着いた空間になっています。畳の縁の色も、シックで落ち着いた色を選び、デザインをまとめています。

天井のデザインがモダン!明るいイメージの和室

沼津市

障子からたっぷりと光が入り込んで、明るい和室ですね!明るい色味の木材を使って、壁も白く、畳も正方形の琉球タタミを使っているので、モダンな印象を受けます。そしてなにより、天井のデザインが素敵です!モダンなのに、和室空間にピッタリ!幾重にも重なった薄い板材の間には照明が仕込まれていて、光までもデザインすることが可能なんですね。

和室のデザインて、こんなに自由でいいんですね!色味も自由に選んでいいですし、照明だって、畳の種類も豊富です。一口に和室といってもこんなにも多様になっているとは、正直驚きました!でも、どの和室も決して奇抜な感じはなく、落ち着いて過ごせる空間に仕上がっているところがポイントではないでしょうか。和室なんていらない。。。と思っている方にこそ、これらの写真を見て頂いて、和室のイメージを変えて頂きたいなーと思います。