コラム

吹き抜けリビングとリビング階段ってこんなに相性がいい!

タグ: , , , ,
皆さん、やっぱりリビングには、大きな吹き抜けが欲しいですよね? 吹き抜けがあれば大きな窓もつけられて、明るさも開放感も抜群です。
今回はさらに、吹き抜けを持つリビングに、階段が設置されている事例をご紹介します。
階段って地味に考えられがちなんですが、リビングという家の中の表舞台に現れ出たことでデザインにも、より気合が入った事例が多いですよ。
さらに、階段がリビングにあるとこんなメリットもあるんだっていうことがわかっていただけると思います!

デザインされた階段は、上り下りするだけで気分がアガる!

清水町久米田 U様邸

間接照明の暖かな光で満たされた、落ち着きのある色味の似合うリビング。その落ち着いた空間にピッタリマッチするデザインされた階段。手すりが細いので、リビング空間の広さも遮らないですし、段板もストリップ状になっているので、とても軽やかな印象です。こういう階段なら、上り下りするだけで気分も盛り上がりますね。でもやっぱり、家族の集まるリビングに降りてくる時が、ウキウキしそうです!

二つの階段で降りてくるなんて、舞台装置のよう!

沼津市

こんなに大きなソファセットを置いてもまだ余裕が感じられる、広々リビング。さらに後ろには和室の小上がり空間も見えます。その広々リビングに降りてくるため設置されたのは、この二つの階段!なんだか、舞台装置のようにも見えますね。それぞれの部屋へ行けるように最短の動線を確保する役割もしているわけですが、楽しいデザインになっています。また、扉がついているので、匂いや音が広がらないというのも安心な方もいらっしゃるでしょう。

明るい木目で統一された優しい空間

沼津市

見るだけでも、肌触りが優しいだろうなぁと分かる木材に囲まれている空間ですね。デザインの中にカーブを使っているのもより優しい雰囲気の演出にプラスの効果がありますね。階段や手すりのデザインも素朴で木の質感が活かされています。ダイニングテーブルの上部に少し張り出したような空間があり、ここからも家族の会話が生まれそうです。

異なる空間へと誘う、二つの階段

沼津市

リビングに面して小上がり空間、そして2階へと続く階段が二つあります。リビングに小上がり空間が隣接しているのはよく見るパターンですが、このように、高低差がしっかりとあるというつくりはなかなか珍しいですよね。これだけ高低差があると、壁や扉を作らずとも、領域の違いがはっきり区別できそうですね。区別されながら、もちろん、すぐそばに家族がいるという安心感もあります。

起きたらすぐ、明るいリビングに集まりたくなる階段

沼津市

こちらも明るい木の色と白の組み合わせが空間を明るく演出しています。吹き抜けは中央部分にあるものの、部分的になっているので、落ち着いた雰囲気になっているのもなかなか魅力的です。こんな素敵なリビングなら2階の個室で目覚めた後、すぐに下におりたくなるでしょうね。明るい日差しを感じながら温かな朝食やおいしいコーヒーを頂くなんて考えただけでも起きるのが楽しくなってきます。

一口に、リビング階段といっても、デザインや使い方は様々でしたね。でも、リビングに階段があることで、より1階と2階のつながりを感じることができる、そんな仕掛けだとわかっていただけましたでしょうか? オープンな家族関係は、オープンな間取りから生まれます! 空間に開放感を感じれば、家族間の風通しもさらによくなるのではないでしょうか?
吹き抜けのあるリビングに、階段を設置するこのアイデア、いただき! と思ったあなた。ぜひご相談下さい!