コラム

外観デザインは家の顔!爽やかな白はお好きですか?

タグ: ,
家づくりを考える時、内部の間取りのことはいろいろ考えると思いますうが、家の外観デザインについてはどうでしょうか?後回しになっていませんか?外観は、最初に目につく場所であり、その家を印象付ける大事なポイントです。今回は爽やかな白を外観デザインの色として選んだ事例を集めてみました。

白い外壁にブルーがポイント!

富士市広見 Y様

白い外壁が爽やかですが、窓枠に塗られたブルーで、爽やかポイントが2倍に膨らんでいますね。三角屋根と、木製の玄関扉が、ナチュラルなイメージも演出しています。写真のように、住む人の雰囲気にピッタリとマッチしている感じがしませんか? やはり、外観も好みが出るところなので慎重に考えたいですね。

外観プラス植栽でさらに雰囲気づくりを。

駿東郡清水町 U様邸

玄関ももちろんですが、リビングに面した窓からも出入りがしやすいように、大きなデッキと、デッキから直接降りれるようにステップまで設置してあります。マリンスポーツ好きなお施主様もこの大きなデッキで準備や片付けが出来ますし、大きな荷物を持っての出入りも楽ですね。芝生と植栽でさらに爽やかな海のイメージを感じます。

内部のダイナミックさを予感させる、美しい勾配屋根

長泉町東野 K様邸

思い切りよくシャープな勾配屋根です。また、外観の一部が円形になっていたり、屋根が陸屋根になっていたりと、なかなか複雑な外観ですが、全体的なデザインイメージとして、ブレがない仕上がりですね。この勾配屋根の高い部分は、リビングの吹き抜け部分にあたり、それはもう、圧巻の大空間が広がっています。

潔い白さが、たまらなく美しい!

富士宮市富士見ヶ丘M様邸

玄関からも、家中どこからも見ることが出来る中庭って気持ちいいですね。中庭は、オフホワイトのタイル張りになっており、大きなハンモックチェアーも白いスチールで、とても空間を引き立てています。これだけ白にこだわっていると、ここまで潔い美しさが現れるものなのだなと実感します。

爽やかだけどほっこりする、白い外観。

三島市徳倉 N様邸

南欧なイメージのする可愛らしい外観ですね。屋根瓦や、窓の形状、玄関扉、郵便受けまでも、全てがお施主様の「好き!」が伝わってくるようなセレクトだと思います。正面に見える、可愛らしく四つ並んだ窓の向こうは子供が遊ぶスペースになっており、日中はとても明るい空間です。大きな窓が必ずしも必要、という訳ではないんですね。

外観デザインは、間取りとも関係がありますので簡単にはイメージしづらいかもしれませんが、ある程度ぼんやりとした雰囲気は持っていると、打ち合わせがスムーズに進みそうですね。色もデザインも素材も、たくさんの選択肢がありますので、色々とまずは事例をみてみることが自分のイメージを広げるためにはよさそうです。

資料請求
モデルハウス見学会申し込み