コラム

和室デザインの可能性は無限大!

タグ: , , , , ,
賃貸住宅では和室は敬遠されがちだそうですが、ひとつにそれは、古い物件だから、という要因が大きそう。
新築で思いのままにデザインできるとしたら、和室の可能性はもっと広がるはず!今回は和室デザインの幅の広さを見ていきましょう。

シックなイメージは、タタミの色使いが決め手!

沼津市富士見町 Y様邸

THE和室、という感じがしないのは、やはり半畳畳とその色使い。障子のデザインもただの格子ではありません。また、隣接するLDKのデザインも和室と違和感なくまとまっています。これなら、一体空間として視覚的にも広がりを感じることが出来るでしょう!

天井と、壁にデザインされた曲線が美しい和室

2Fリビングの家 沼津市

間柱と畳の色がマッチして落ち着いた空間になっています。また、座卓は敢えて低いものを置くことによって、空間がさらに広く高く感じます。障子のデザインもシャープですね。大人がくつろぐのに最適な空間、お客様が来たら、この部屋でおもてなしをしたいですね。

和室と丸窓の美しい関係

繋ぐキッチン 沼津市

い草の香りが漂ってきそうな、キレイなグリーンの畳です。縁が薄目の色なので、優しい雰囲気に仕上がっています。壁に儲けられた、丸い障子はモダンな雰囲気を感じつつも実は昔から茶室などで使われていたモチーフでもあり、馴染みが深いデザインなのです。

タタミ以外の組み合わせが斬新な和空間

沼津市西熊堂 N様邸

畳があり、襖がある。そこは確かに和室ですが、壁、天井の素材選びが斬新でモダンな仕上がりになっています。壁、天井に仕込まれた間接照明が幻想的な雰囲気もあります。敢えて、襖を閉じて、この照明を楽しんで頂きたい、大人な和空間です。

壁も天井も自由にデザインできる!

和室デザイン 沼津市

正面壁のデザインが、ダイナミックです。和室は四角四面で古臭い、というイメージを一気に払拭しそうな、自由な表現です。これだけ遊びを感じながらも和空間である確かさを感じるのは、その色遣いにあります。和の伝統的な色を使う事で大胆なデザインでも落ち着いた雰囲気に仕上がります。

和室の可能性は、無限大のようです。また、家の中にこういった、背筋のシャンとするような空間があるのは、いいことです。でも、畳の良さはやはりゴロンと横になれることも、大きいですね。使い方によって、いくつもの表情を見せる和室空間、日本人としてはぜひ取り入れたいものです。