吹き抜け

当社のデザインする家には必ずと言っていいほど、吹き抜けがあります。ただ、知っていただきたいのは、吹き抜けは必ずしも、デザインとしての優位性のためだけにとりいれているのではないということです。家を建てる土地の特性、住まう方の暮らし、家族の人生のこと、などを総合的に考えた上で、デザインとして吹き抜けを選択するという結果にたどり着いたのです。

・吹き抜けを選択する理由1

まず、第一に土地のこと。弊社の施工範囲の主である、静岡県東部は日本のヘソの位置にあります。沼津・三島・富士市では、雪が降らない土地として有名ですが、そんな中でも四季はあり、寒暖の差もあります。当土地の特性を読みながら、冬暖かく、夏涼しく過ごすためには、吹き抜けが最適なのです。空気の流れを活性化させますし、適正な断熱が施工されている弊社の家づくりでは快適な室温環境を外に逃がさないというフォローももちろんあります。

・吹き抜けを選択する理由2

また第二に、家を新築される方は、以前は賃貸の1フロアの住まいで家族が住まわれていたという方がほとんどで、新しい家で、初めて、1階と2階という2層に分かれて生活を送ることになります。そういったときに、家のどこにいても家族の存在感を感じるために、吹き抜けという、コミュニケーションの煙突である空間というのが大事になってきます。

・吹き抜けを選択する理由3

第三に、人生のこと。家を建てるためにはもちろん住宅ローンを組みます。住宅ローンが終わるころ、一体何歳になっているでしょうか。新築時のように、1階と2階を元気よく階段を使って行き来するというのも難しい年齢になっているかもしれませんね。そういったときに、2階には余計な個室を造らないほうがいいのではないでしょうか。その分吹き抜けを作り、気持ち良い空間を1階だけで完結できれば、人生の長い時間快適に過ごすことが出来るでしょう。
実際、65歳をすぎるオーナーの場合、平屋建てを望む方がほとんどという現実が、このことを裏付けています。