家ができるまで

私たちの家づくりは、お客様との対話を一番に考えています。私たちは家づくりのプロですから、図面を見れば、それがどういう風な空間になるのか、頭の中に浮かびます。ですが、お客様にとっては、家づくりは初めて、という方がほとんどで、図面を見てすぐにどんな空間になるのかわかる方はそうはいらっしゃいません。それがわかっているからこそ、打ち合わせは決して机の上だけではしないというのが私たちの考えです。

・要望には柔軟に対応

打ち合わせ時に細かく説明して決定したことであっても、家づくりが進む中で、実際に目にしたものが、想像と違っていたということも発生します。そんな時にも、ここはやっぱりこうしたい、あそこは……というご要望が出たとしても、構造にかかわるような大幅な変更でない限りは出来るだけ柔軟に対応しています。空間が出来てきてこそ初めて、あ、こういうことだったのか、そしたらこういう使い方も出来るかなと、違うアイデアが出てきたりする場合もあります。

・無限に存在する最適な空間

そうして、やはり思うのは、この世界に二人として同じ人間は存在しないように、「同じ家」というのは存在しないものだということ。それぞれの人に、それぞれの人生があるように、好みやライフスタイル、家族構成、性格、などの違いによって、最適な空間というのは無限に存在するのです。

・お客様一人一人の人生、暮らしにあった空間を提案します

私たちは暮らしやすい家という意味で、家族の動線(人の生活の流れ)をとても大事にしています。朝起きてから眠るまで、無駄の少ない動線で、快適に過ごせるような空間計画を行っています。キッチン一つとっても、専業主婦がメインとして使うキッチンなのか、共働き夫婦が共に立つキッチンなのか、子供たちの年齢は……などの条件は様々です。だからこそ、最初にお伝えしたように、お客様との対話、を大事にすることで、お客様一人一人の人生、暮らしにあった空間を提案することが出来るのです。