省エネ

省エネ住宅とはなんでしょう。私たちが考える省エネとは次の3つです。

  • ・自分たちが使うエネルギーは、自分たちで作りましょう。(太陽光発電など)
  • ・自分たちが使うエネルギーは、賢く使いましょう。(ホームエネルギーマネジメント)
  • ・自分たちが使うエネルギーは、少なくしましょう。

・自然の恵みで快適な室内温熱環境を

太陽光発電や蓄電池を使ってエネルギーをためておくことが出来れば、無駄なエネルギーを買うことも減っていきます。また、太陽光は発電システムのない家だとしても、自然は、私たちに恵みを与えてくれます。晴れた日中なら太陽の光が家の中を暖めてくれますね。断熱がしっかりしている当社の家なら、その太陽の自然のエネルギーを受け止め、外に逃がさずに快適な室内温熱環境を作ることができます。当社の家は、病気を治してしまう魔法の家というわけにはいきませんが、健康な暮らしを維持できるような、そんな空間をつくるのが私たちのこだわりなのです。

・自然素材でエネルギーをコントロール

また、自然素材、例えば無垢材のフローリングを使った当社の家なら、冬でも裸足で過ごせます。受け取ったエネルギーをマネジメントするために、作り出すだけでなく、それをコントロールする色々な方法が私たちの家づくりの中に組み込まれています。

・無駄なエネルギーを使わない断熱材を使用

当社で採用する断熱材「セルロースファイバー」は、断熱性がとても高いので、エアコンで室内環境をコントロールするというようなエネルギーの無駄遣いもなくなります。また、「セルロースファイバー」の優れたところは、断熱性だけではありません。もともとは紙でできている自然素材ですので、吸放湿性が高く、室内や壁内部の結露やカビ予防に繋がります。当社の作る家は、柱や梁に無垢材を使い、壁やフローリングにも自然素材を使った省エネ住宅ですから、壁の中身である断熱材にもこだわって作るべきだと考えています。このことが、無駄なエネルギーを使わないことに、つながっていくのです。