耐震性

静岡という土地柄、家づくりを考える方も耐震性能に関しては皆様意識が高いと思います。当社でも、耐震性をしっかりと担保した住まいづくりを行っています。壁はツーバイフォーと同等の工法を採用し、筋交いと呼ばれる壁の補強も国の基準以上施工し、床の構造用合板と合わせて、国の基準の3倍もの耐震性能を実現しています。

・デザインだけでなく土台からこだわります

家づくりは、デザインだけではありません。安全・安心が担保された上でデザインを考えなければいけません。当社の作る家は、土台、柱や梁などの構造材、またその木材を組み上げる金物、床を構成する合板、全てにおいて、こだわり抜いた製品、工法を採用しています。

・独自の強力なの耐久性

土台における、束(つか)は高耐久、耐高荷重で床を強固に支えるだけでなく、素材がプラスチックな為、耐腐食性も高い性能を持っている樹脂製束を採用。床板を支える木材も一般的に土台における、束(つか)は高耐久、耐高荷重で床を強固に支えるだけでなく、素材がプラスチックな為、耐腐食性も高い性能を持っている樹脂製束を採用。床板を支える木材も一般的にして、しっかりと支えています。
また在来工法では、特に通し柱や梁を結合させる部分がどうしても弱くなってしまいますので、HS金物という特殊な金物を使用して、接合部が弱点にならないように、強固に組み上げていきます。また在来工法を採用した接合部にも耐震用の接合金物で補強していますので、安心です。

・制度の高い耐震性能と制振装置で精神的な安心感を

さらに、構造材は無垢材を使うことが多いですが、お施主様のご要望に合わせて、集成材も採用しています。どちらも工場にてプレカットされていますので、正確に施工でき、精度の高い耐震性が確保できます。これらの耐震性能を求めた素材の選定は、音や振動に対しても効果を発揮し、静かな家が実現します。また、お客様のご要望により、制振装置の設置も可能です。耐震で揺れに強いだけでなく、制振で揺れを抑えることで、家の中にいる人たちの精神的な安心感もより生まれます。